Entry

ビジネスは
“満足度”が評価軸。

SATISFACTION

CScustomer satisfaction
ESemployee satisfaction

やりがいを
最高値に
持っていく

誰のために仕事をするかでクオリティが変わる。
能力、スキル、人脈、経験、資格は、
戦うための武器にしかならない。
誰でも気持ちがあれば挑戦できる。
誰が「満足するか」でビジネスは動く。
そこに商品・サービス、
また労働と報酬との価値を等価交換する。

その価値とは、「満足度」。
顧客が満足し、従業員が満足する。
そしてビジネスが動く。

私たちは、満足度を最高値に持っていくため、
仕事に取り組みます。

Business keyword

CScustomer satisfaction
×
ESemployee satisfaction

フィールドの登場人物が
満足するために。
「満足度」をつないでいくことが
仕事の醍醐味

経営課題をヒアリングし、ソリューションを提供する。顧客の悩みが解決し、満足いただく。そして評価につながり、リピートが発生する。それにやりがいを感じ、満足する。
どこでもある当たり前のビジネスサイクル。でも仕事をする上で最も重要なサイクル。フィールドにいる登場人物すべてに満足度の高い”価値”を提供することで、高品質な仕事と成果が生まれます。
私たちはこれらを大切に、クライアントの課題解決に取り組んでいきます。

  • 顧客第一主義を
    徹底する

    企業様とつながるために高品質な商品・サービスを提供することを目的とするのではなく、満足いくパフォーマンスを提供する。それが顧客第一主義。

  • 従業員満足は
    新しい可能性

    仕事のやりがいを感じるためには、顧客の評価が必要。顧客が満足すれば、やりがいを感じ、新しい価値提供の原動力になる。

  • シナジーを生む
    カスタマーリレーション

    顧客満足×従業員満足のサイクルが発生すると、ビジネスシナジーが起こる。その波に乗り、新たな価値創造に取り組み、質の良い仕事の受け渡しをする。そのサイクルを目指していこう。

  • 最高値=頂を
    目指す

    仕事に終わりはない。満足してさらに満足を得る。満足の最高値が実現できる頃、自分自身のスキルや経験は格段と上がっている。自己成長を手に入れることで、豊かな人生が待っているのだ。

Proffessional performance ”CES PEAK”

「満足度」の最高値

満足できるパフォーマンスは
シナジーを生む
クライアントのビジネスを
加速させる仕事

満足度の最高値を目指すことで、すべてのビジネス効果が発揮できる。
クライアントへのハイパフォーマンスな仕事を提供でき、従業員がやりがいを持ち、どんどん可能性の高い仕事に挑戦でき、自己成長が促される。

自分自身、クライアント、会社、社会へのインフルエンスを与えるために、満足度の最高値を目指すことが一番の近道。自分自身がより活躍できるため、シイエスピークは、顧客満足、従業員満足の最高値=PEAKを目指していきます。

クライアントと成長する
人財戦略

Entry

エントリーはこちら

これからのAIに負けない
人間力の高いビジネスパーソンを創る。

Page top